フォト

twitter

ほしい物リスト

無料ブログはココログ

« 第17回ユニオニズム研究会 ~日本の労働運動の問題点とは~ | トップページ | 「優良企業連合」構想 »

2011年12月23日 (金)

「教員ユニオン」構想

 前回の記事の最後で触れましたが、私は既存の教職員組合に代わる教員のための労働組合が必要だと考えています。というのも、教職員組合の加入率は低下し、社会への影響力及び教育現場を変える力が弱まっているからです。教職員組合には日本教職員組合(いわゆる日教組)、全日本教職員連盟など様々な団体が存在しますが、ここでそれらの組織について詳しく書くとかなり長くなってしまいますので、関心のある方はググってください。とりあえずこの記事では、それらの組織をまとめて「既存の教職員組合」と表記します。

 私が考える「既存の教職員組合」の持つ問題点は以下の4つです。
 ①労働組合であるはずが、活動内容が多岐にわたり、結局何をしている団体なのかよくわからない。
 ②政治色が強く、そこに賛同できない職員の支持を得られない。
 ③活動の意義への理解を広く求めるPR活動をしていない。
 ④加入してもメリットがない(組合員としての仕事が回ってくることがあり、組合費を払う上にかえって忙しくなる)。

これらの問題点を考慮し、純粋に労働問題のみを扱う教員のための労働組合の理念を考えていきたいと思います。

「教員ユニオン」活動方針
 ①団体交渉、労働相談など、労働に関する問題のみを扱う。また、同様の方針を持つ団体としか関係を持たない。
 ②政治的な中立を保つ。
 ③活動の意義への理解を広く求めるPR活動を行う。
 ④教材・教具の共有化、勤務形態や働く上での工夫などの情報の共有化を行い、業務の効率化を図る。
 ⑤組合としての業務は執行部が行い、組合員に仕事を回さない。

これらの方針を具体化するための計画を以下のようにまとめました。
①、②:すでに活動を行っている組織(日本労働組合総連合会首都圏青年ユニオンなど)のノウハウを学び、労働組合としての基本的な活動を行うことを目指します。
③:機関誌の発行を考えています。機関紙ではなく、機関誌です。機関誌といっても、既存の組合が発行しているような堅苦しいものではなく、DIME(ダイム)やKu:nel(クウネル)のようなポップな雰囲気のあるものを目指します。コンテンツは以下のようなものを考えています。
 ・活動報告(団体交渉の経緯、教育現場の実態調査など)
 ・組合員からの投稿(多忙化解消への思い、現場の実態、教育にかける思い、教育行政への要望など)
 ・一般読者からの投稿(教育現場、教育行政への意見、要望など)

 ・労働や教育の専門家のコラム
 ・勤務に役立つグッズの紹介
 ・美男・美女教員の巻頭グラビア(?)
④:ユニオンのホームページを開設し、共有化のためのデータベースを作成する。組合員にはIDを発行し、ログインすれば投稿された教材、教具、指導案などの資料を無料でダウンロードできるシステムを作ります。組合費の振り込みをオンラインで行う、定期報告を回覧ではなくメールマガジンで行うなどの工夫をすれば、全国どこに勤務していても個人単位での加入が可能になります。

 勘の良い人はお気づきでしょうが、この「教員ユニオン」は若年層を主な対象にしています。というのは、ベテランや中堅の先生方はこれまでのハードな勤務を自力で乗り越えてきた人達であり、ユニオンの必要性を感じないと思われるからです。私は、多く存在するであろう、高い理想を持ちながらも理不尽な勤務形態に耐えられずに現場を去らなければならなかった教員、そして日々の業務に忙殺され理想の実現に到底手が回らず歯がゆい思いをしている教員の悔しさを放置したくないのです。また、教員の多忙化の解消は学校教育の健全化、質の向上に必ず結びつくはずです。単純に考えて、少なくない同僚が精神疾患を患うほどの環境で働いている教員に健全で効果的な教育が望めるでしょうか。その上、どんな業種であっても現在働いている人たちの勤務実態を改善しなければ、これから社会に出ていくであろう子どもたちもまた同じ苦労を味わうことになります。1人1人の生徒・児童にしっかり向き合いたいという教員の想いを実現し、誰もが人間らしく働くことのできる社会の実現のために、「教員ユニオン」の設立を目指して行動していきます。

« 第17回ユニオニズム研究会 ~日本の労働運動の問題点とは~ | トップページ | 「優良企業連合」構想 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1588989/43476965

この記事へのトラックバック一覧です: 「教員ユニオン」構想:

« 第17回ユニオニズム研究会 ~日本の労働運動の問題点とは~ | トップページ | 「優良企業連合」構想 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック