フォト

twitter

ほしい物リスト

無料ブログはココログ

« 「教員ユニオン」構想 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」を観て »

2011年12月27日 (火)

「優良企業連合」構想

 ブラック企業撲滅デモは終わったけれど、労働者の権利をないがしろにする企業のあり方や、それを許容してしまう社会に対する怒りは失っていません。第二段もいつかやります。

 またまた堅苦しい感じでのスタートとなりましたが、デモよりも直接的に労働法違反をなくし、安心して働ける社会を作るためにできることを考えつきましたので、ここで紹介したいと思います。それが「優良企業連合」!ババン!1人より大勢で、個人よりも組織で行った方が活動は効果的なものになります。そしてその組織の数も多い方がより良いでしょう。

 ここで優良企業連合の概要を説明しましょう。そもそも違法な経営によって不利益を被っているのは誰なのでしょうか。もちろんその企業に勤める社員であることは間違いないですが、現在労働者の権利を大切にし、労働法規をきちんと守って経営を行っている企業も大きな損失を被っています。人件費というコストをちゃんと支払いながら、そうでない企業とも他の条件は同じに競争していかなくてはならないのです。私は労働者の権利を守る企業を優良企業として応援すると同時に、違法な経営を撲滅する仲間としてネットワークを作って関わりを持ちたいのです。「ブラック企業に対して怒りの声を上げるべきだ!」とけしかけたいのです。そして、労働法規を正しく守るという点において利害を共にする企業が互いに応援しあい、ビジネスにおける利益を拡大すると同時に、発言力を強めていくことを目指します。

 では、「優良企業連合」を作って何をするのかを考えつくだけ挙げてみましょう。
 ・「私たちは労働法規をしっかり守る企業です」と名乗る。今の日本社会ではこれだけでも大きな宣伝効果が望まれる。
 ・ライフワークバランスや、労働と豊かな人生との関連を説く勉強会などを開催し、誰もがルールに則った働き方をするべきだという世論を形成する。
 ・違法な経営を行う企業に対して抗議を行う。
 ・違法な経営を取り締まる体制を強化するよう行政に要望する。

 今回の提案で重要なポイントは、これらの活動は全て優良企業にとって実際的な利益があるということです。そして、それがこの社会に生きる多くの人にも同時に利益をもたらします(安心して働ける社会の形成)。このような企業と個人の相互の利益を最大化し、また正当な手段によって努力をしたことが認められる健全な社会の形成を目指すことが、本来企業に求められる役割ではないでしょうか。違法な経営を経営によって不当に利益を得る企業がある一方、損をすることをわかっていながら労働者の権利を守り、法律を適切に運用しながら健全な経営を行う企業もあります。そういった企業の存在こそがこの社会の希望であり、大切に守っていかなければならないものです。そのために、今のあなた個人でもできることがきっとあるはずです。一緒に応援しましょう。そして、我こそは優良企業の経営者だという方は、ぜひご連絡ください。正しく努力をした者が報われる社会を一緒に作りましょう。

« 「教員ユニオン」構想 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」を観て »

社会」カテゴリの記事

コメント

snowいい企業をもっとみんなに注目してもらう、というのもひとつのアイデアですね。
これを知っていますか?厚生労働省もファミリーフレンドリー企業の表彰をしているのです。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/family/

こんなことをしてるのに、あまり社会全体に影響力を持たないのは、問題ですね。

すごくいいアイデアだと思いましたー。

私の勤務先は残業代を支払ってくれています。そのため、基本的には定時内で仕事をして納期に間に合うと計算できる仕事しか受けられません。で、なかなか仕事が増えず、いつ潰れてもおかしくない状況です。

社員にサービス残業をさせて大きな仕事を取っている競合他社には、文句を言いたいです!

pamieux pamieuxさん、情報ありがとうございます。
厚生省はライフワークバランスの正常化を一応は奨励しているのですね。
しかし、ここで紹介してもらうまで私も知りませんでした。
もっとPRにも力を入れてほしいものです。

sinitiainenさんも貴重なお話ありがとうございます。
あなたの勤めているような企業がこの国の希望です。
ぜひつぶれないように願いたいです。

ぜひ経営陣に「優良企業連合」の話をそれとなく振ってみてください。

ひと月以上もたって、こんなことを書くのも変ですが。

>ぜひ経営陣に「優良企業連合」の話をそれとなく振ってみてください。

残業代の支払われる会社では、勤務時間内に雑談することなどできません。
常に時間に追われて仕事をしています。効率よく集中力を切らさず仕事をするようにプレッシャーがかけられます。

サービス残業撲滅運動をやられているようで、私も基本的には賛成なのですが、残業代が支払われると具体的にどういう働き方になるのか(特に経営の苦しい会社で)が分かっているのか、少し心配です。

もっと深刻なものだと「労働基準法を守っていたら経営が成り立たない」という状態の企業もあると聞きます。
企業の規模の差による力関係を是正するなどの対策も必要かもしれません。

労働法規を守らせることと、従業員が人間らしく働ける環境を作ることは分けて考えない方がいいと思います。
「法律に違反しているから」と機械的に判断するのではなく、人を人として扱わない体制には何であろうとNOというべきだと考えています。
例えば、パワハラも定義が曖昧なので、そもそも不満を訴えようという発想に至らないことが多いと聞きます。
基本的には「働いていて辛い」「不当に扱われている」と感じたら、とりあえずしかるべき機関に相談するというスタンスで臨むのが良いでしょう。
法律はそのような要望を実現するための根拠として活用するためのものと考えるのが妥当です。
残業代も払うべきだし、多少の雑談くらい許容するように要求してもいいはずです。
「優良企業連合」ではそういう点も含めてアピールしていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1588989/43533940

この記事へのトラックバック一覧です: 「優良企業連合」構想:

« 「教員ユニオン」構想 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」を観て »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック