フォト

twitter

ほしい物リスト

無料ブログはココログ

« 現時点で考えられるブラック企業問題の解決策の最適解は何なのか | トップページ | マーケティングに学ぶオクテ男子の恋愛成功術 »

2013年11月24日 (日)

理不尽に直面した時の正しい対処法はなんだろう

 世の中には様々な理不尽なことがあります。無理が通れば道理が引っ込むと言いますように、正論が通じない場面もたくさんあります。何が理不尽に当たるかということも突き詰めて考えればなかなか難しい問題ではありますが、先人たちは様々な気づきと主体的な行動で現在の民主的な社会を築いてきました。それでも、理不尽だと感じる社会問題はまだ数多く残されています。そんな問題に対して、社会を形成する個々人はどのように向き合えばいいのでしょうか。
 「社会には理不尽なことがたくさんあるのだから、若いうちに苦労を経験して免疫をつけておいたほうがいい」という意見をよく耳にします。現実に理不尽なことが存在し、一朝一夕でそれらを解消できない以上、この意見には非常にリアリティーがありますし、時には愛情を持って発せられる言葉でもあります。しかし、労働問題を発端に書き続けているこのブログで私が一貫して伝えたいのは、そもそも社会の理不尽がなくなれば理不尽に耐える練習など全く必要ないのだから、個人が理不尽に耐える能力を身につけるのではなく理不尽をなくす方向で努力をするべきだということです。

 先日、こんなツイートを目にしました。

yuka.m
「昔は強制飲み会や長時間怒号会議拘束なんて当たり前だったけど、ここ10年で本当に無くなった。若い奴が辞めちゃうからな」って先輩達が言ってたから、苦痛に耐えるのではなく逃げたり辞めたりしてきて下さった先人達の試みはちゃんと社会を変革してきた

私はこのツイートを目にしたとき、非常に強く賛同し、光の速さでお気に入り登録とリツイートをすませました。「逃げる」「辞める」といった一見するとネガティブな印象を持つ行いが「ちゃんと」したことであるというのは、一体どういう根拠があってのことなのでしょうか。

 では、ここで私たちが理不尽な事態に直面した際にとりうる選択を4つに分類してみましょう。

① 問題の解消のために主体的に行動する
最も理想的な選択肢です。問題そのものをなくすために行動するという非常に生産性のある選択です。しかし、この選択には犠牲が伴います。問題が大きく複雑なものであれば1人では対処しきれないでしょうし、また理不尽に直面した環境にい続けなければなりません。この選択肢を選べる人はかなり少数でしょう。それでも、現在の民主的な社会が形成される過程に、この選択を行った勇気ある名も無き先人たちが存在したということを忘れてはならないでしょう。

② 逃げる
件のツイートではこの選択を賞賛しています。逃げたとしても直接的にその問題を解決することにはなりませんが、少なくともそこに問題があるという認識を多くの人に気づかせることになります。その点においては下記の③④の選択肢よりはるかにマシだと言えるでしょう。

③ 耐える
問題の解決に直接的には寄与しないという点では②と同じですが、問題の存在を覆い隠してしまうという点において問題の解決にはマイナスに作用します。理不尽な問題を含んでいる前提で仕組みが固定化してしまう原因を作ります。

④ 非難する
①②の選択をした人を非難します。耐えるということに大きな価値を見出し、それ以外の選択を認めません。問題の解決に寄与する行動を抑制してしまう最悪の選択肢。自分を苦しめている理不尽を解決するために動いている人を攻撃するという倒錯した状況です。

さて、あなたはこれまで理不尽な場面に遭遇したとき、どの選択肢を選んできたでしょうか。そして、これからどんな選択肢を選んでいきますか。私の場合は②を選びました。「前略、退職を決めました」という記事にその時のことは詳しく書いてありますが、①の選択肢を選ぶ余裕は当時の私にはとてもありませんでした。しかし、様々な労働問題に対処していく中で、いずれ教育現場の労働問題にも直接的にアプローチすることを目標に、今後も邁進していきたいと思います。

追記
①や②の選択肢を選ぶには、それを許す状況があるかどうかという問題も大きく影響します。そのあたりのことにご意見などある方は、気軽にコメントを残していっていただけると嬉しいです。

« 現時点で考えられるブラック企業問題の解決策の最適解は何なのか | トップページ | マーケティングに学ぶオクテ男子の恋愛成功術 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1588989/54037485

この記事へのトラックバック一覧です: 理不尽に直面した時の正しい対処法はなんだろう:

« 現時点で考えられるブラック企業問題の解決策の最適解は何なのか | トップページ | マーケティングに学ぶオクテ男子の恋愛成功術 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック