フォト

twitter

ほしい物リスト

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

なぜブラック企業は生まれるのか2 産業構造は具体的にどう変わったのか

  ブラック企業や働き過ぎの問題をぐだぐだ考えているうちに年を越しそうなQ崎です。過労死などの問題は以前からあったにしても、ここまで社会問題として注目を集めるほど深刻に蔓延してしまったのはどうしてなのでしょう。12月に入ってから就職活動も解禁となりましたが、就活生たちは穏やかな気持ちでは新年を迎えられないのではないでしょうか。親の世代の人たちは、就活なんかしなくても誰でも企業の方から声がかかったと言いますが、そのころと今とでは何が違うのでしょうか。初めのうちは単純に法律を守らない企業への怒りが中心にありましたが、どうにも問題の根本的な解決を図るには企業が法律を破らなければやっていけないような構造をマクロな視点で見ていく過程が必要だと気がつきました。かなり前に「なぜブラック企業は生まれるのか やむなしブラック企業を救え」という記事を書きましたが、これはまさにそういう趣旨で書いたものでした。

  その記事では人材コンサルタントとして名を馳せる城繁幸氏の著書を引用し、高度成長期を終えた日本の産業構造の変化とそのなかでの企業の姿を分析しました。その箇所をここで再び引用しましょう。

かつて高度成長期には、少人数の社員(もちろん男性中 心だ)をフル回転で働かせることが、もっとも効率的な経 営とされていた。大量生産の時代だから、頭より体で覚えるほうが重要で、そうやって熟練した労働者をこき使ったほうが効率的だったのだ。日本の専売特許である「残業文化」「有休返上」といったカルチャーは、ここに根っこがある。ただし、経済が成熟すると、主導権は消費者の側に移る。大量生産ではなく、消費者の多様なニーズを汲み取ることが重要となったのだ。つまり、今度は体ではなく、頭で勝負する時代だと言える。男社会を基本とする年功序列は、既にその存在意義を半ば失っているのだ。

高度成長期を経ることで日本経済に生じた最も重要な変化は「経済が成熟した」の一言に尽きるでしょう。マーケティングに関する著書を読んでみても、マーケティングの高度化が求められてきた背景として「市場が成熟した」「消費者のニーズが多様化した」と、表現は様々ですが大体同じことを要因として挙げています。

  では、「経済が成熟する」とは具体的にどういうことを指し、どのような影響を私たちの生活におよぼすのでしょう。わかりやすくまとめている記事がありましたので、引用してみましょう。

連載「暮らしから見る身近な“経済”」第1回 「成熟期」を迎えた日本経済
成熟の意味
経済の成熟による具体的な変化としては、生産力の拡充にともなう経済的な「豊かさ」の実現と、経済成長のペースの鈍化の二つが軸になります。経済が成熟するプロセスでは、さまざまな産業が発展することで、商品やサービスの生産が増加して経済が成長し、人々の生活が豊かになるという望ましい変化が生じます。ですが、そうした変化が進むにつれて、経済が成長するペースは次第に鈍化していきます。人が大人になると、背が伸びなくなるのと同じです。かつて、人々が貧しかった時代には、衣・食・住をはじめとするさまざまな分野で、「これがないと生きていけない」というような切実なニーズや、そこまでではないにしても、「ぜひ欲しい」とか「すごく欲しい」といった明確な欲求の対象が存在していました。そういうニーズや欲求に対応する商品は、作れば売れる状況だったため、経済全体としても、ハイペースで成長していくことが可能でした。そして、経済成長の結果、人々は豊かになり、欲しかったものを次々と獲得し、欲求を満たしていったのです。ですが、切実な欲求が満たされてしまったことで、それに追加して何かを手に入れようという気持ちは、次第に切実さを失っていきました。「あった方がいい」とか「ちょっと欲しいかも」といった具合です。そのため、企業の側では、多くの人々が欲しがる新しい商品やサービスを開発しようという努力を続けているのですが、それがなかなか実を結ばなくなってきています。その結果、経済全体の成長ペースが低下していくわけです。経済の成熟によって、人々の暮らしは豊かになりましたが、成長ペースが鈍化したことで、企業にとっては厳しい状況が生じてきているのです。言ってみれば、「暮らしは豊かになったけれども、仕事はたいへん」という構図です。

「暮らしは豊かになったけれども、仕事はたいへん」まさにこの一言に尽きるでしょう。経済の成熟がもたらす影響をまとめた表現としてこれほど的確なものはないでしょう。しかし、ここで疑問が生まれます。便利なものが出回るようになるのだから生活が豊かになるのはわかります。なぜ「仕事はたいへん」になるのでしょうか。「切実な欲求が満たされてしまったことで、それに追加して何かを手に入れよう という気持ちは、次第に切実さを失っていきました。」という一節にそのヒントがあるように感じます。

 もう1つ経済の成熟について、面白いYahoo知恵袋の回答がありましたので、ベストアンサーをお読みください。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1154726001
さて、市場が成熟すれば消費者のニーズは多様化し、企業は生産する商品やサービスのバリエーションを増やさなければなりません。確かにそれは「仕事はたいへん」になる要素の1つですが、あくまで副次的なものです。本質は、知恵袋の回答で指摘されているとおり「市場飽和」にあります。「需要不足」と言ってもいいでしょう。便利なものが安価で手に入るようになれば、わざわざお金を払ってでも手に入れたいと思える商品やサービスの質はどんどん上がります。すると、同じ利益を上げるために企業が製品開発にかける労力は増えていきます。それは労働者が同じ水準の給与を稼ぐのに必要な労力も上がるということを意味します。これが、経済の成熟が「仕事はたいへん」に繋がる構図です。「成熟」「多様化」という表現は非常に前向きな印象を与えますが、「市場飽和」「需要不足」といった方が実態をより正確に表しているといえるでしょう。

 「やむなしブラック企業」が生まれてしまう背景を市場飽和という観点から考えてみました。市場飽和がもたらす影響は企業のブラック化から派生してどのような結果をもたらすのか、さらに考えてみましょう。
・非婚化、少子化の進行
  一家を養っていくのに十分な給与を稼ぐのに必要な労力の水準が上がっています。自身の生活を支えるのがやっとな労働者が増えます。
・ニートが増える
  労働者が最低賃金以上の付加価値を提供するために必要な労力が上がっています。どこにも働く場がないという人が増えるのも当然です。
これらの問題に対して「最近の若いものは…」と嘆く人の声もよく耳にします。しかし、同じ金額を稼ぐために必要な労力が今と高度成長期とではまるで違うという前提を無視して特定の世代や個人の資質に原因を求めるのは無理があるというものです。

  この国は勤勉な国民性のもと、資本主義経済を一気に推し進め、経済大国へと発展しました。頑張って頑張って推し進めた結果、資本主義経済を成り立たせるために絶対的に必要な要素である需要を枯渇させてしまいました。なんという皮肉でしょうか。これまでの前提が崩れつつあるなかで、私たちはいったいこの国の経済の在り方をどのような方向に持っていくべきなのでしょう。それは次回以降の宿題にしたいと思います。

2013年12月 3日 (火)

マーケティングに学ぶオクテ男子の恋愛成功術

 以前「もともとビジネスってソーシャルなものなんじゃないか? 職業に貴賤はあるか」という記事を書きました。過度に成熟し需要が枯渇している現在の経済市場では、本来必要ないものを様々なマーケティングの技法を駆使して欲しがらせて売ることが経済活動の中心にあり、資源の効率的な分配という本来の経済活動の意義からかけ離れてしまっているという趣旨の記事でした。この記事を通じて私が伝えたかったのは、マーケティングなどの売り方の技法ではなく、真に必要とされる商品やサービスを作り出すことに力を注ぐべきだということです。よく「マーケティングとは押し売りの反対に位置する活動だ」という説明を耳にしますが、必要とされていないものを売る手段であるという点では同じでものあり、マーケティングは押し売りのやり方を高度化したものだと言っても間違いではないでしょう。経済活動の肝は必要と去れているものを提供し、その対価を得ることにあるはずです。

 話は変わって、アルテイシアという人物をご存じでしょうか。キャリアウーマンである自身とオタク格闘家である現在の夫との馴れ初めを書いたエッセイ『59番目のプロポーズ』で作家デビュー、現在では恋愛Hカウンセラーという謎の肩書を持つ女性、それがアルテイシア氏です。学生時代にデビュー作を読んで以来、私は彼女の大ファンになりました。アルテイシア氏は当時オクテ男子でてんでモテなかった私に大きな希望を与えてくれた人物です。現在では、ニコ動のブロマガで恋愛に関するコラムを書いているようで、先日こんな記事を見つけました。

恋愛本のモテテクに騙されるな!<オクテ 男子の成功のヒケツ>
彼女いない歴=年齢の男子が彼女を作るためには?<恋愛本に騙されない>

これらの記事の要点をまとめると、奥手な男性が恋愛本のテクニックを実践しても逆効果だから、余計なことをしないで基本を大切にしようということです。昔から恋愛を成功に導くためのテクニックの情報は巷に溢れており、男性の間ではそこそこ需要があるようなのですが、女性から言わせると「そんなことされても全然嬉しくない」というテクも多いのだとか。人間手っ取り早く始められるものにひかれてしまいがちですので、効果が本当にあるのか疑わしいものでも手軽にできるものはついやってしまうことがありますね。

 では、この手の恋愛本の著者は皆嘘つきなのかというと、そうではなさそうです。彼らの成功の決め手をアルテイシア氏はこのように分析しています。

ナンパ師がもっているのは奥義ではなく、素質です。
ナンパを心から楽しめる素質。そうじゃなきゃ、十万人をナンパなんてクソ面倒なことできませんよね?
彼らは女をナンパして口説くのが、腹の底から楽しい。じつはセックスよりもそっちが目的だったりする。 だから、女を落とせるのです。人は楽しそうな人といると、自分も楽しくなれる気がするから。
<感情は相手にうつる。あなたが落ちつかないと相手も落ちつかないし、あなたが楽しいと相手も楽しくなる>
<あなたが余裕をもって楽しむことで、相手もくつろいで楽しめる。「この人といると楽しいな」と感じると、女性は好意を抱く>

これが恋愛の基本中の基本。 だからブサメンで低収入のナンパ師でも、女を落とせる。

つまり、ナンパ師のキャラクター、人物像、人となりと女性へのアプローチの手法が一致しているということなのです。このことからは、奥手な男性が恋愛本のテクニックを真似してもうまくいかないのは人となりとアプローチの手法が一致していないからだという仮説が導き出せます。

 ここで話をマーケティングに戻します。 マーケティングの実践段階では、個々のマーケティング政策をバランスと整合性が取れるように組み合わせます。それを「マーケティング・ミックス」といいます。そして、マーケティング・ミックスは4つのマーケティング戦略から構成されていると考えるのが一般的です。それは、製品(Product)、価格(Price)、流通チャネル(Place)、プロモーション (Promotion)のそれぞれの頭文字をとって「マーケティングの4P」と呼ばれています。繰り返しますが、重要なのはこれら4つの戦略の整合性がとれていることです。これを「ミックス・フィット」といいます。先程の例で言えば、女性を口説くことが大好きなナンパ師がやたら誉めたりさりげなくボディタッチをするというのは整合性のとれたアプローチですが、モテない男性がそれを真似しても整合性はとれないということです。製品の性質が違うのだから、効果的なプロモーションの手法も違って当たり前なのです。マーケティングを考えるうえでもう1つ重要なのが、マーケティング・ミックスと標的顧客の整合性です。これを「ターゲット・フィット」と言います。自分と同じように真剣に付き合いたいと考えている女性が上っ面のテクニックに引っ掛かるのかということも恋愛本を手に取る前によく考えた方がいいでしょう。

 私は冒頭でマーケティング主導の現在の経済活動に対して「マーケティングばかりに力を注ぐのではなく必要とされる商品やサービスの開発を重視するべきだ」と主張しました。商品やサービスの中身ではなくプロモーションの上手いものだけが競争で有利になれば、本当に必要とされる財やサービスが市場に行き渡らなくなるという弊害が起こります。この主張をそのまま恋愛に当てはめようとは思いません。テクニックに頼る恋愛が価値の低いものだと考えるかどうかは個人の価値観に委ねるべき問題です。大切なのは、自分が望んでいる恋愛がどんなものなのかしっかり見つめ、それを実現するのに相応しい方法で努力することです。

 では、真剣に付き合いたいという人がとるべき努力の方向性はどのようなものなのでしょうか。それは、テクニックに走らず自分の人間としての魅力を高めることです。商売で例えるなら、商品が魅力的なら誇大広告など打たなくても売れるということです。もちろん、そういう魅力的な商品が存在するということを伝えるためのプロモーションや、それを必要とする人へ届けるための流通チャネルは必要になります。そのあたりの方法論はアルテイシア氏の記事にも参考になりそうな記述がありますし、現在では様々なマッチングサービスも普及しています(それが真剣に恋愛したい人同士を結ぶ機能を十分に果たしているかどうかは検証の余地がありそうですが)。商売にしろ恋愛にしろ確実にうまくいく方法なんて存在しませんが、自分のキャラクターや求めている結果に沿う努力の方法を探るというのは成功の確率を高める重要なプロセスだと言えるでしょう。それにしても、肝心なところが有料だなんて、チクショウ。④だよな!?④でいいんだよな!?

 加えて、プロモーションを受けている側の責任や影響力についても触れておく必要があるでしょう。企業は経済合理性に基づいて活動していますから、商品やサービスの質の向上よりプロモーションの工夫によって購買する消費者が多ければ、ますます経営資源を製品開発ではなくプロモーションに注ぎ込むでしょう。もしあなたが消費者として魅力的な商品が増えることを望んでいるなら、製品のイメージに左右されず、品質をよく吟味して買い物するようにしてください。もしあなたが現在アプローチを受けていて、その相手と真剣に付き合うことを望んでいるなら、表面的なアプローチに流されず相手の人間性をよく観察してみてください。(とは言え、他者からの評価を気にせず、確固たる理念や矜持を持つ企業や個人も確かに存在します。本当にカッコいいですね)

 というわけで、オクテ男子が恋愛で成功を収めるために有効な方法は、表面的なテクニックに頼るのではなく、自分自身の人間としての魅力を磨くことなのです。誰かとたがいの人となりをよく理解し合うのは時間も根気も必要なことですが、そこにかける労力をケチっては他者と深い関係を築くことはできないでしょう。そのヤキモキするプロセスを楽しむくらいの余裕を持って臨みたいものです。それでは最後に、本当に価値のある経済活動や幸せな恋愛が広まることを願って一言。

テクにはしるな!己を磨け!

追記:12/4
 製品にどういう機能を持たせるかというのはマーケティングの4Pの製品(Product)であり、広義のマーケティングの範疇に入ることです。そうなると「マーケティングは押し売りが高度化したもの」という表現は正しくないものだとなります。狭義と広義をごちゃ混ぜにマーケティングという用語を使ったために読みにくい文章になってしまいました。狭義のマーケティングは「過剰なプロモーション」と読み替えると分かりやすくなりそうです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック