フォト

twitter

ほしい物リスト

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 1日 (日)

お金持ちにもほどがある

 七五調のリズムはとても心地いいものですね。さあ、みなさんも声に出して読んでみましょう。「お金持ちにもほどがある」。今回も所得の適切な分配について考えてみました。割とトンデモ度の高い内容ですが、個人的には悪くないアイディアだと思います。よかったらコメントでご意見ください。

お金持ちと聞いて思い浮かぶ人物は誰でしょうか。私は世界の富豪の人々にはあまり興味がないので「ビル・ゲイツが世界一のお金持ちなんでしょ?」くらいの認識ですが、こちらの記事によると順位の入れ替わりはままあることのようです。

ビル・ゲイツ氏、世界一の富豪に返り咲き 世界長者番付 日本トップは孫正義氏

この記事によるとビル・ゲイツ氏の資産は3月3日の時点で760億ドル(7兆7100億円)ということらしいのですが、数字が大きすぎてわけがわかりませんね。2013年の名目GDPランキング66位のアゼルバイジャンの名目GDPが735,4億ドルですから、人口約931万人のアゼルバイジャン国民が一年間に生み出す価値より大きな資産を保有していることになります。ちなみに、昨年一年間で上位300人の富豪の純資産総額は5240億ドル(約55兆円)増えたそうです(世界の富豪、昨年は資産55兆円増やす-14年も富の集中継続か)。

 そのビル・ゲイツ氏なのですが、最近では自身で立ち上げた慈善基金団体の運営に力を入れているそうです。その財団Bill & Melinda Gates Foundation年次報告によると、2012年には約317万ドルを途上国開発やグローバルヘルスプログラム、国内の教育機関への支援などに充てています。財団の基本財産は約363億ドルで、世界一の規模の慈善基金団体となっています。財団の設立と言えば、ロックフェラー財団を始め、ビル・ゲイル氏の他にも行っている富豪はいますし、様々な慈善活動への資金援助を行う富豪も存在します。それらの行いに対して私は「なんて心の清い素晴らしい人達なんだろう」と思う一方、「こんだけ金持ってんだからこれくらい当然じゃね?」と思う気持ちも抱きます。富豪が慈善活動に資金提供する動機については、税金対策だとか富を独占することへの批判を回避するためだとか、様々な意見が飛び交います。そもそもなぜ多くの資産を保有することに批判が起こるかと言えば、世の中の資源が限られているなか、食うや食わずの人がいる一方で一生かかっても使いきれないほどの資産を持つことを「悪いこと」とみなすことは不自然ではありません。富を独占することへの外部からの批判はもちろん、自身の感じる罪悪感も無視できないのではないかと思います。だからこそ、資産の一部を手放すにしても散財ではなく慈善活動への資金提供という方法を採るのではないでしょうか。というところまで考えて、私はこう思いました。個人が保有する資産や一定期間稼ぐ金額に上限を設けてしまえばいいのではないか。それを超える分は税金として徴収する。累進課税の超強化版といったところでしょうか。個人が富を独占することは問題であると公的に認め、1人の人間が一生のうちに稼いで自由に使える額をあらかじめ決めてしまおうという発想です。資産家の寄付などに関しては、対象となる分野が限定されたり、人の善意に寄りかかって運営していくことの問題点が指摘されていますが、政府が責任を持って必要なところへ再分配する仕組みを作ってみることでその問題も解消できます。しかし、これでは富豪たちへのメリットが全く無いように思いますが、それはもう価値観の転換を図るしかありません。以前に書いた記事で「幸福度=可処分所得×可処分時間」という豊かさの指標を提案しましたが、上限を大幅に超えて稼ぐような人はその分の仕事を他の人に振って、自分は多くの可処分時間を得て幸福を満喫してもらえればと思います。もともとお金をたくさん稼ぐ人は僅かな時間でもお金を生み出すことに費やしたいという考えの強い人も多いでしょうし、価値観の転換は簡単にできるものではないでしょう。しかし、所得の再分配が健全な社会の維持に必要なように、この市場の飽和した現代においてはその制度の改善も必要に迫られているのではないでしょうか。

 続いて、そうして増えた税収をどのように分配するべきなのか、そもそも上限をどのように定めるのかというのをざっくり考えてみたいと思います。結論から言えば、税収はベーシック・インカムの財源とし、その財源を満たすのに必要な額を徴収できるように上限を定めるのです。ベーシック・インカムに関しては実現可能性などに関して疑問は残りますが、最大のネックであった「財源をどうするのか」という問題に関しては、このような確保の仕方もありえるのではないでしょうか。ベーシック・インカムの導入は、以前に他の記事に書いた「市場が飽和し、労働に掛ける労力あたりのリターンが低減してしまう問題」や「衣食住を賄うのに十分な富があるのに働かないと生きていけない仕組みを維持することの非合理」などを解消する優れたシステムだと思います。それにより、極端なお金持ちも極端な貧乏人も存在しない社会が実現するのです。ベーシック・インカムであれば働いた分だけ収入が増え、「福祉の罠」の問題も生じません。人類はこれまで、技術の発達により様々な便利さを享受し、欲望を満たしてきました。そろそろ、社会の健全な維持や人権を毀損してしまうほどの要望の実現を諦める方向に、私たちは努力の方向を転換させなければならないのではないでしょうか。

 今回私の提案したアイディアでは、例えば「民間の宇宙旅行サービスの購入など、高額な資産を保有することで夢を実現させることができなくなってしまう」などの問題も生じます。また、実行可能性の面でツッコミどころもあるかと思いますので、コメントに意見をドシドシ寄せていただければ嬉しいです。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック